DB BR 363

ドイツ鉄道363形機関車は、入換作業や軽量貨物輸送で数十年活躍してきた、鉄道における真のベテランです。『Train Sim World 2』では、ドイツ最古の鉄道の1つでこの機関車を体験できます!
ジャンル
特徴

DB BR 363

『Train Sim World 2』のドイツ鉄道363形機関車で伝統的なディーゼル牽引列車に乗り込み、ルール渓谷で操車を行いましょう!
1950年代に入る頃には、ドイツ連邦鉄道は小型入換機関車の不足に悩まされていました。そのため、列車を調達する計画が立てられ、大手の機関車製造業者の大半が新型機関車の開発と製造に関わることになりました。
最初のプロトタイプのいくつかは1955年までには完成し、ドイツ鉄道V60形と呼ばれる新型機関車が間もなく何十両と製造されるようになり、1964年に製造が終了するまでに合計942両が納品されました。これらの機関車は、さまざまな貨物用途に応じて主に軽量級と重量級の2種類が製造され、コンピューターによる分類システムに基づいて、それぞれドイツ鉄道260形および261形と名付けられています。
1987年には、運転手のトレーニング費用を節約するため、これらの機関車は他の多くの入換機関車とともに「Kleinloks」(小型機関車)としてまとめられ、その一環として360形と361形として再度分類し直されました。一部の機関車には、無線操縦機と新型Caterpillar 12気筒エンジンが搭載され、これらは362形および363形として知られています。
ドイツ鉄道363形機関車は、入換作業や軽量貨物輸送で数十年活躍してきた、鉄道における真のベテランです。『Train Sim World 2』では、ドイツ最古の鉄道の1つでこの機関車を体験できます!
注意:このアドオンに収録されたコンテンツを利用するには、「Ruhr-Sieg Nord: Hagen - Finnentrop」の別個購入が必要です。

主な特徴

  • ドイツ鉄道363形「V60」ディーゼル入換機関車(DB Railionカラー)
  • 実物に忠実な機能と操作性
  • 実物に忠実な性能と操作性を備えた精密かつ機能性の高い運転室
  • 実際の機関車から録音された、本格的で臨場感あふれるサウンド
  • Sand Patch Gradeの魅力的な3つのシナリオとインタラクティブなTraining Module(トレーニングモジュール)が含まれます
  • Ruhr-Sieg NordのTimetable Mode(時刻表モード)の追加レイヤー
  • Dovetail Gamesの専有技術であるSimuGraph®ビークルダイナミックエンジンと、Unreal Engine 4®技術を搭載しています
  • Livery Designer(カラーリングデザイナー)に対応
  • Scenario Planner(シナリオプランナー)に対応

DB BR 363システム要件

最小要件

推奨要件

OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
プロセッサIntel Core i5-4690(3.5GHz)またはAMD Ryzen 5 1500X(3.7GHz)
プロセッサIntel Core i7-4790(3.6GHz)またはAMD Ryzen 7 1700(3.8GHz)
メモリ8GB
メモリ8GB
ストレージ20GB
ストレージ20GB
DirectX10
DirectX10
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 750 TiまたはAMD Radeon R9 270(2GB VRAM以上)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon RX 480(4GB VRAM以上)
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
ログインアカウントが必要
Epic Games
対応言語
  • 音声:英語、フランス語、ドイツ語
  • テキスト:英語、中国語(簡体)、フランス語、ドイツ語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、イタリア語
©Dovetail Games, a trading name of RailSimulator.com Limited (DTG).Dovetail Games and Train Sim World are registered trademarks of DTG.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used here with permission.Developed and published by DTG.『TSW』の「Options」メニューから、すべてのクレジットリストにアクセスできます。