LIRR M3 EMU

『Train Sim World® 2』のロングアイランド鉄道M3形電車で、「ビッグアップル」の伝統的な電車を運転しましょう!

LIRR M3 EMU

『Train Sim World® 2』のロングアイランド鉄道M3形電車で、「ビッグアップル」の伝統的な電車を運転しましょう!
1960年代後半から1970年代初頭にかけて実施された大規模な列車の更新プログラムの一環として、ニューヨーク州都市交通局の資金援助を受けたニューヨークのロングアイランド鉄道は、BuddとGeneral Electricが製造したM1形電車を770両購入しました。M1形電車は、メトロポリタンズという愛称が付けられ、たちまちLIRRの主力電車となりました。その後、事業の拡大と電化区間の延長により、1984年から1986年にかけて、LIRRとMTAはBuddから同種のM3形電車を174両購入しています。
LIRRのM3形電車は、全長約25.9メートルのステンレス鋼製です。M3形電車はLIRRの第三軌条方式で直流電流で動作し、General Steel GSIの台車に搭載された160馬力の主電動機4基で駆動されます。凡用性の高いこの電車は、2車両が連結した状態で製造され、LIRRでは最大時速129キロで走行します。
黄色、グレー、シルバーで塗装されたLIRR M3形とM1形電車は、鉄道を象徴する電車となり、M1形電車は2007年に引退しましたが、LIRR M3形電車は今もなお活躍し、今後何年にもわたり運行を継続することが期待されます。
『Train Sim World® 2』のロングアイランド鉄道の路線で、印象的なLIRR M3形電車を運行することに挑戦できるようになりました!
注意:このアドオンに収録されたコンテンツを利用するには、『Train Sim World® 2: Long Island Rail Road: New York - Hicksville』の別個購入が必要です。これはPreserved Collectionの一部であるため、発売当時そのままの機能を搭載しています。

主な特徴

  • ロングアイランド鉄道M3形電車(2車両編成)
  • 実物に忠実な機能と操作性
  • 実物に忠実な機能と操作性を備えた精密かつ機能性の高い運転室
  • 実際の機関車から録音された、本格的で臨場感あふれるサウンド
  • ロングアイランド鉄道の魅力的な3つのシナリオとインタラクティブなTraining Module(トレーニングモジュール)が含まれます
  • ロングアイランド鉄道のTimetable Mode(タイムテーブルモード)で操作可能
  • Dovetail Gamesの専有技術であるSimuGraph®ビークルダイナミックエンジンと、Unreal Engine 4®技術を搭載しています

LIRR M3 EMUシステム要件

最小要件

推奨要件

OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
プロセッサIntel Core i5-4690(3.5GHz)またはAMD Ryzen 5 1500X(3.7GHz)
プロセッサIntel Core i7-4790(3.6GHz)またはAMD Ryzen 7 1700(3.8GHz)
メモリ8GB
メモリ8GB
ストレージ20GB
ストレージ20GB
DirectX10
DirectX10
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 750 TiまたはAMD Radeon R9 270(2GB VRAM以上)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon RX 480(4GB VRAM以上)
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
ログインアカウントが必要
Epic Games
対応言語
  • 音声:英語、フランス語、ドイツ語
  • テキスト:英語、中国語(簡体)、フランス語、ドイツ語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、イタリア語
©Dovetail Games, a trading name of RailSimulator.com Limited (DTG).Dovetail Games and Train Sim World are registered trademarks of DTG.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used here with permission.Developed and published by DTG.『TSW』の「Options」メニューから、すべてのクレジットリストにアクセスできます。